就活全部落ちたことを次の就活に活かしてないの? 【キミスカの評判】

キミスカ就活
シド
シド

就活一度全部落ちた。
また1から就活…

ジェシー
ジェシー

もう、いや…

今回は、このような悩みを解消します。

就活を落ちまくる人が、僕の周りにもいて、かなり苦しんでいました。その状況を近くで見ていたからこそ、同じ状況のあなたに、今回はぴったりのサービスを紹介します。

ぶっちゃけると、キミスカというサービスです。

この逆求人サイトは、就活に落ちたことを評価してくれます。

僕も、当時そのサービスは知らなかったので、
もし今頑張っている人で、損してることもあるかも

この記事からわかること

  • 就活で落ちたことプラスにする方法
  • ほかの逆求人サイトとの違い
  • キミスカの口コミ
  • キミスカの評判

スポンサーリンク




就活全部落ちた。それを就活に使う方法

ポテンシャル

  • 就活で落ちたことがプラスになる理由
  • 迷ったら登録すべきサービス
  • あなたの時間を有効活用できる

この点を順に説明していきますね。

サイトは、こちらです>>キミスカ

就活で落ちたことがプラスに?!

前進していく女性

2020年卒の就活生でも、6月末時点での内定保持者は7.5割で、残りの人はまだ内定がない状態です。 (就活みらい研究所参照)

つまり落ちて、落ちまくるのが就活の面接では当たり前なんですよね。

しかし、それが分かっていても、落ちることは、自分を否定される感覚でとてもつらいです。

なんかやる気がでず、次の就活も1からだと思うと、めんどくさい…

そんな気持ちがうまれることは、当たり前なんで、自分を責めないようにしてくださいね

「やりやがったな…」と、むしろ反骨精神に変えてやりましょ!!

そこで、今回紹介する、キミスカが注目したのが、

落ちた選考を就職に活かすという点です。

一般的な、逆求人サイトは、

  • 名前
  • 出身大学
  • 自己pr

この程度ですが、企業が見たいのは、あなたという人です。

一般的な情報ではありません。それよりあなたのポテンシャルが気になるわけです。

なぜなら、
大学の学歴4年間 ( 6年間 )で習った内容は、社会人で学ぶ時間と比べるとちっぽけなんですよ

だから、どういう人間なのか、そこに注目するほうが効率がいいというわけ。

そこで、選考情報を入力するスタイルをとっています。

これの利点は、

「○○の最終で落ちた」
>>「あそこの最終までいった子なのか」

と逆に評価してくれる点。

これなかなかすごいですよね。

マイナスだと思った点がプラスになるわけですから

選考情報を入力するサービスは、キミスカ だけの差別化されたサービス。

ここに注目したのは、驚き…

キミスカのサイトでもう公言しています。

実際にキミスカを利用している企業や経営者は、そこのポテンシャルに注目していることも多いです。

キミスカ

あと一歩届かなかった就活状況を、プラスに作用させる手段がある。

落ちないことに越したことはないですが、リスクマネジメントしましょう。

後手では、遅いですよ。

\\ 選考状況を生かせる //
キミスカで就活無料で登録できます

迷ったら登録すべき理由

キミスカには、スカウト方法が3段階あります。

  1. 気になるスカウト
  2. 本気スカウト
  3. プラチナスカウト

もちろん、プラチナスカウトが最もいいです。

しかし、企業側からは、「月に30人まで」という制限がかかっています。

企業側もむやみにプラチナスカウトを出せないので、早く登録して、プロフィールを充実させることがポイントになっています

まさしく、早い者勝ち。

実際に、読まれてプラチナスカウトをもらうと、うれしい声も多く転がっています。

就活全部落ちたらキミスカで自己分析

自己分析

さらに、プラチナスカウトをもらうためや、就活で大事なのが、自己prです。

そして、さらに大事なのが自己分析。

今、就活に落ちて落ち込んでいるあなたが悪いのではなく、自分の考えと企業の考えにずれが生じていることになります

まずその、ズレを直すためには、

自分をしっかり知ることです

そこで、キミスカの適性検査を受けることを薦めます

なぜなら、適性検査は、就活生が自己分析するために作られたツールなので、より深く、最短で自分を知ることができるからです。

さらに、キミスカの適性検査は、問題数が多すぎず、少なすぎずというのもポイントで、多すぎるとどうしてもめんどくさい…

キミスカ適性検査の問題数は全部で150問です

シド
シド

いや、多!!

自己分析できる、offerboxは251問もあります。(笑)

offerboxに関する記事は、こちらです。

問題数が、おおいので、より深く自己分析はできますが、手軽さで言ったらキミスカですね。

15分~20分で終えられる量です。

めんどくさがらずやりましょ

このデータをみて、企業側からのスカウトもくるので、 数十分で内定がもらえる可能性が格段に増します。

  1. 自己分析できる
  2. 企業からのスカウトが来る
  3. 自己prにつながる

さらに無料なので一石四鳥。やってみましょ

面談サービスを利用するのもあり

すべて就活がだめになってしまった場合、他人の面談も重要となります。

客観的な目で自分はどういう人なのか。

それを見てもらえる機会があります。

東京限定になりますが、サポートも充実していて、マッチング率も高いjobspring

このサービスを使ってみるのもありです。

  • 1000社以上から自分に適した企業が見つかる
  • 最低でも3回の面談によるフォローが受けられる
  • 早期離職率0.1%である

>>後悔のない就活・jobspringで面談

キミスカの登録手順

  1. キミスカの新規登録画面
    >>こちら(キミスカ登録)から飛べます
  2. 新規会員登録(無料)をクリック
  3. アドレス・パスワード・卒業年度を埋める
  4. 登録完了

登録は、30秒もあれば十分終わります。

就活全部落ちた:キミスカの評判

評判・メリットデメリット

時期によっては、大量のメールが送られてきます。

これが嫌だという人も多いかもしれませんが、

しかしポジティブに考えると、それだけ企業側からスカウトがきているということ

逆に、選ぶ気持ちでいれば、少しはいい気分になれるかもしれません。

前向きにいきましょ。

就活には、落ちても切り替える。それが大事ですよ

デメリット: 大企業からのオファーが少ない

大企業よりも、中小企業やベンチャーからのオファーが多い

大企業も参入しているので、あることはあります。

しかし、中小の数のが母数が多いのであたりまえですよ。

でもこれもチャンスになります。

なぜなら、中小企業で面接練習できるためです

例えば、
就活が全部落ちて、再スタートを切る人。初めて挑む人。

今までの就活面接のスタイルを見直すチャンスになりますよね

テストで過去問解きまくると点数が上がるのと同じことができます。

面接になれることは通過に大きな影響を及ぼすと考えても当然のことです。

就活全部落ちたら登録するメリット: コンサルタントが使える

  • 自己分析
  • ES添削
  • 企業研究
  • 業界研究
  • SPI対策
  • 面接対策

大学で、僕も利用しましたが、人が多いのでなかなか時間を合わせるのも大変です。

なので、サービスも受けられるのなら、有効に活用することで、変に時間にとらわれなくて済みます。

1度ならいいものの、2度3度予定を合わせるのってなかなか大変なんですよね。

その時間の確保は、かなり登録するメリットです。

就活全部落ちた。それを就活に使う方法 【キミスカの評判】まとめ

summary

  • 落ちた選考が無駄にならない
  • 自己分析を見直せる
  • コンサルに相談できる
  • オファーがもらえる

このサービスが他と違うとこをは、落ちた選考が有効に使えること

あなたの今までの努力が無駄にはなりません。

今必要なことが、手に入り、オファーも来ます

確実にあなたの助けになるのは間違いない。

就活応援してます

\\ 選考状況を生かせる //
キミスカで就活無料で登録できます

コメント

  1. […] >>就活全部落ちた。それを有効活用するキミスカの評判とは? […]

タイトルとURLをコピーしました