就活は面接対策しない。これが、内定をもらう必勝ルート【理由と実例あり】

面接対策はしない就活
シド
シド

さて、面接対策するか

ジェシー
ジェシー

えっとー私は、、、

ちょっと待った!
対策のやりすぎは注意

ANDY
ANDY

就活で面接をひかえ、対策しようとしているあなたに向けて、注意点を紹介していきます。

僕は、前評判で硬い感じの面接官だった。という面接でも、笑顔で終えていました。

ましてや、「いいねー」と褒められ続けてきた。

それはなぜか。あなたにだけ教えます。

『 面接対策しない 』

これがポイントでした。

理由もすべて公開。対策ポイントも教えます。

この記事からわかること

  • 面接対策しないほうがいい理由
  • 対策するならこれぐらいにしておけ

タイトル

お祈りメールなし

スポンサーリンク




就活の面接対策しないほうがいい理由

2つの面をもつ女性

  • 緊張する
  • 硬くなる

就活で面接対策しないほうがいい理由は、こちらの2点です。

予期せぬことが起こった時に、焦るのが ”人” ですよ。

だからこそ、面接対策しないことが、面接を通過するポイントになるんです!

シド
シド

でも、全くは、怖くない?

それもそう。
でもやりすぎがよくないなのは、なんとなくわかったよね?

ANDY
ANDY
シド
シド

それなら
線引きがいるてことだよね?

対策するならここまで。ポイント

面接対策のキーポイント

  • 大枠を抑える
  • あなたが伝えたいことを明確にする

面接対策をするなら、ここまでです。

対策するなといっても、丸暗記はやめろというほうがわかりやすいですかね?

こう聞かれたらこう

と決め付けて挑むとたぶん失敗します

  1. やる目的を提示する
  2. どう考え、どう行動したのか
  3. 取り組むにあたり苦労したことは何か

話を深堀する際にここだけ注意すれば、あとはうまくいきましたよ。

面談対策はここまで①:大枠

面談対策で、まず大事なことは、話の大枠を決めておくこと。

  • 何を話したいのか
  • 何をアピールしたいのか

面接の対策をしていくうえで、ここはしっかりとあなたの中で明確にしておくことがかなり大切です。

丸暗記になると、覚えることに夢中になり、本来の部分がぶれてしまいます。

それに加えて、緊張という敵まで連れていくことになるので、要注意というわけですね。

面接官が100%聞いてきたポイントをここにのせますね。それは、、

『あなたが苦労したこと』

面接は、ESの深堀がほとんどです。

苦労したことがある人は、そこに明記しておくことが話をスムーズにつなげるコツなんですよ。

まだ、書いてなければ、こちらを参考に、、、

>>ES「学生時代に頑張ったこと」の書き方。
テンプレート付

シド
シド

書きわすれた~~~

面談対策①を抑え忘れた方へ

安心してください

ANDY
ANDY

もし、面談対策する前に、ESを見返して、書き忘れていた場合。

経験上必ず聞かれるので、今エピソードを考えておきましょ。

そして、こちらからその話にもっていくんです。

焦りや緊張てなぜ起こると思いますか?

それは、これ一択です
>>予期せぬことが起こったとき

面接をこちらのペースで、進行させてしまえば、勝ちなんですよ。

シド
シド

結構難しくない?

コツつかめば、
簡単にできるよ

ANDY
ANDY
✓POINT

相手が知りたいだろうと思うことを、
少しだけ前の質問で付け加えておく。

頑張ったことを全力で話すと、どうなりますか?
じゃあ苦労しなかった?スムーズにいったの?という話になりますよね。

思い返してみてください。

必ず小さなつまずきがあるはずです。

ない場合?そんなの簡単。

ないですね。

自信をもって、少し微笑んでいってみましょ

僕は言いましたよ。(笑)

素直に言うのがいいんです。しかし、自信をもって「ない」と言わないと不信感がでるので、

結構前向きで、ポジティブなので、
『めちゃくちゃ苦労した。』ということはないですかね、、、

こう答えるほうが印象は悪くはならないですよ。

むしろ、会場が笑顔になりました。(笑)

ESに書いていれば、ただ深堀されるのでそこまで苦労はしませんが、あなたが書き忘れたのなら、この手はありです。

相手も知りたい内容ですからね。

面談対策はここまで②:伝えたいことを明確に

  • エピソードA
    >>考え抜いてやった
  • エピソードB
    >>工夫して取り組んだ

この話は、なにをメインに話す予定なのか。そこをはっきりさせておきましょ

それだけで、話は案外すらすらと出てくるもの。

なぜなら、あなたの経験による話だから

ガチガチに暗記しなくても問題ありませんよ。

明確にすることが、本当に大事です。

面接対策の実例

構成を考える

留学で説明しますね。

ちなみに、「学生時代に頑張った」では、

  • 留学に行くことをきめた
  • 意思の発信能力を高めるため

こちらの2点をメインに書きました。

そこから、面接では、こんな感じです。

【 いざ行ってみると 】

  1. 次々と流されてしまうことに直面
    >> なれない英語である自分の英語力にそこまで自信がない
  2. なにかしなければこの状況は変わらない
  3. 大きな目標をたてる
    >>みんなとブリズベンまで行くことにした。
  4. しかし今の私では大きな目標すぎる
  5. 何が効率よく、どの人からの和を広げていくのか
  6. 考えた結果
    >>同じ家にホームステイをしていた中国人から人の和を広げていこうと考える

そこで学んだことは、

  • どうやって自分の意思を伝えるか。
    >>英語力はもちろん必要
    >>伝えようとする気持ちが最も大切
  • 壁にぶつかりどうするのか考え達成
    >>今考えても成長できた部分

就活の面接対策はしないほうがいい:まとめ

summary

  • 大枠を抑える
  • あなたが伝えたいことを明確にする
    1. やる目的を提示する
    2. どう考え、どう行動したのか
    3. 取り組むにあたり苦労したことは何か

もう一度いっておきます。

面接対策はしない。ここの意味をはき違えず取り組みましょう。

面接をする際に僕は、知らないおじちゃんと話す気持ちで臨んでました。

あなたの、魅力を固い雰囲気で受け取ってもらえなければ意味がない。

リラックスして取り組む。難しいですが、その1つとして対策しない。

ぜひ、がんばってください。

他に就活について不安があれば、こちらを参考に

>>就活の不安や焦りを解消しませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました