時間の作り方・ないなら作り出す方法を考えろ

時間の作り方ブログ
シド
シド

時間の作り方がしりたい、、、
時間がない、、、

ジェシー
ジェシー

忙しすぎる、、、

今回は、このような悩みを解決していきます。

実際に、『時間がない』という言葉が口癖になってしまいますよね。

僕も実際に1冊の本に出合うまでは同じでした。

しかし考え方を変えるだけで、これだけのタスクをこなせています。

  • 修論をかく
  • ブログを書く
  • 研究をする
  • FP資格の勉強
  • 趣味であるバスケをする。
  • 本を読む

どうやってこなせるようになったのかは、時間に対しての意識を変えるだけでした。

それは、時間を2次元でとらえるということ。

最後まで、読んでいただければ、時間のとらえ方が変わるだけでなく、時間がない社会人の人でも時間を作り出していけます

この記事からわかること

  • 時間は、適する時間に適するタスクをすれば作り出せること
  • 脳のパフォーマンスを上げる方法
  • 嫌なことを長く覚えさせない脳のメカニズム

スポンサーリンク




社会人時間の作り方。ないなら作り出せ

ここがポイントだという女性

  • 2次元で時間をとらえる
  • 完了形にする
  • 睡眠前の行動でリフレッシュ

時間を作るには、この3点をまず意識して行動してみるといいです。

僕もまずは、この3点を意識しておこなっています

詳しく見ていきます。

時間の作り方①:2次元でとらえるべし

適切な時間を考える女性

時間は1次元の存在だと思っていませんか?

ただなにもしなくても過ぎていく。僕はそう思っていました。ただ流れているものだと

でも縦軸に集中力をとり2次元にすることでガラッと時間に対するイメージが変わります。

簡単に質問すると、どちらが効率よく作業できそうですか?

  • 朝起きたフレッシュな脳
  • 一日中使った夜の脳

前者と答える人が多数だと思います。

つまり、夜やる仕事より朝やる仕事の方が短期間で集中してできるのです。

今までよりも効率が良く、無駄な時間を省けることになります。

朝活をすると、このような感覚になった記憶はないですか?

  • 脳をすっきりさせる
  • 仕事や作業がはかどる

社会人も学生も、効率はとても大事ですよね

時間は2次元と考えることで、適切な時間で適切なタスクをする。

当たり前のように見えて案外できていないのが事実なんですよね

社会人でも、趣味の時間を作り出せるのは事実。

樺沢 紫苑さんがまず第一の例じゃないですか?

これが、1日でやる仕事量です。

  • 精神科医
  • 午前中執筆、年3冊の本
  • メルマガ・YouTube・Facebook・ブログ:毎日更新
  • 月6回の病院診療
  • 月20冊の読書と書評
  • 月2,3回のセミナーと講演活動
  • 週4,5回のジム通い
  • 週2本の映画鑑賞
  • 月15回以上の会食やパーティー
  • 年30日以上の海外旅行

時間は2次元と考えるだけで、今やるべきことを判断できるため、効率が格段に変わりますよ。

時間の作り方②:完了形にする

やったことにチェックを入れる

時間を作るには、完了形にすることが、重要です。

一つ例を挙げると、

何かの作業をしながら昼ごはんなに食べようと考えている時、物事が進行しているため1つのことに集中できなくなります。

そういう時は、その考えを完了形にしてしまうのです。

どうやるのか。

紙に書き出すだけ。>>「12時半どこどこにいく。」

そう考えたことを脳により認識させ、タスクを完了形にするだけでいいんです。

それだけで、脳をその一つのタスクに集中させることができ、パフォーマンスはアップします。

シド
シド

後回しにしがちだよね、、、

タスクと昼ごはんはなにも関係のない2種類ですよね。

後回しにしていては、考えは進行形のまま完了していません。

それをしっかりと切り離し終了させることはが大事です。

実際に後回しにしても、たぶんなあなあにして終わりですよね。(笑)

つまり、
後回しにすると効率がさがりかえって時間がかかるということになります

今思いついたこと、今考えたことは進行形となり、脳に留まります。

時間を作るには、紙に書き出し完了形にしたり、即実行して完了形にすることが効率アップの鍵です。

後回しで考えを切り離したと思っていてはいけません。満足していてはいけません。

脳は自然と緊張状態を維持していることになります。

雑念が出たら書き出す、そしたら忘れるを習慣づけてください

時間の作り方③:睡眠前の行動でリフレッシュ

よく寝ている女性

時間を作るには、脳をしっかりリフレッシュさせること。

これは、脳科学的に証明されています。

寝る前に暗記系の勉強をしたほうが良いと聞いたことがある人も多いのでは?

寝る前の勉強は、寝ているときに記憶が整理されるため、実際に暗記しやすいのです。

僕も、受験生のころは寝る前に英単語の勉強をしていました。

これと似ているということですね。

寝る前に考えたことは、脳に残りやすいんです。

社会人の人で今日会った嫌なことや辛いことを考えると、逆になかなか忘れられない記憶となった経験ありませんか?

なぜか覚えている。

ポジティブに、自己肯定感が強い人間のほうが成功している人が多いのは事実です。

その一歩としても、夜はいいこと前向きなことを考えることで脳科学的にそういう人間になり、より時間について考える人間になるのかと思います。

寝る前の時間についても見直してみてはどうでしょうか

社会人でも趣味のための時間は作れる まとめ

summary

  • 2次元で時間をとらえる
  • 完了形にする
  • 睡眠前の行動でリフレッシュ

社会人で時間がないから趣味ややりたいことができないて悲しい事じゃないですか?

みな、24時間与えられますが、人の能力には差がでます。

だったらその24時間どれだけ有効に使うかを考えるのが得策だと思いますよ

精神科医の先生の「神・時間術」がまだまだ話や改善点があります。読んでみる価値ありです。

まずは、今回提示した3点から変えてみてください。

他の方法も気になったら是非読んでください。役に立ちます。

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] >>「時間がない」それならつくる作る努力はしてますか? […]

タイトルとURLをコピーしました